11月25日午後、国会で通過した改定住宅法はベトナムで外国組織や個人の家の所有権を規定した。

 

国会は外国人がベトナムで住宅を所有できるようになる条項を通過した。画像TG

 

住宅法第159条によると、ベトナムで家を所有できる外国人の個人と組織は 3 グループに分かれている。

 

グループ1:この法律および関連法令の規定によりベトナムでの建築プロジェクトに投資する個人・組織。

 

グループ2:外国法人が出資をするベトナム企業、外国企業の支店や駐在員事務所、外国投資ファンド、ベトナムで活動する外国銀行の支店(以下「外国組織」という)。

 

グループ3:ベトナムに入国することを許可されている個人。

 

そのほかに、第159条には個人や組織のベトナムで家を買う形態も規定される:

 

             この法律および関連法令の規定に基づくベトナムの住宅建設プロジェクトへの投資 。

 

            アパートや個別物件または住宅建設プロジェクトの面積で建設された物件といった家の購入、リース、寄付、継承(政府によって定める国防·安全保護地域は対象外)。

 

第159条はベトナムで外国組織や個人が家を所有であることを規定するものであるが、さまざまな議論が生じていた。

 

国会の法律委員会委員長によれば、国防・安全保護に心配があるために住宅法の立案時に外国組織や個人の住宅所有条件をより厳しく提案することが必要である意見が多いということになる。

また、国家が本条項を通過したといえども出勤中の国会404名議員の中で28名が賛成しないで4名が投票しなかった。

 

不動産市場に多くの新規チャンスを齎す。

 

ベトナムで外国組織や個人が家を買えるようになるのは、ベトナムで生活する外国人にいろいろ便利な条件を作り出すことはもちろん、不景気となっている 不動産市場 を促進できる。

 

ホーチミン市不動産協会(HoREA)会長であるLe Hoang Chau様は  外国人がベトナムで家を変えることを許可するが国内で輸出する活動と見なせるし、そして国内総生産を向上させることであると発表した。これによりその他の事業を可いつできるような良い条件を作り出してベトナム人の労働者に多くの作業を齎す。

 

これは再購入・再販売活動が行われる二次不市場をはじめとする不動産市場の総需要を向上させるおかげで不動産市場が一段と忙しくなりつつある。

 

Nam Long投資株式会社社長であるNguyen Vinh Tran様は外国人に不動産市場「ドア」を開くことを歓迎している。

 

ここ数年、ベトナムを離れてから30年~40年になったベトナム系外国人が故郷で生活を送りたいのに対して住宅購入手続きに何らかの困りにあって住宅を購入するのが本当に難しくなっている。Tran様はベトナム系アメリカ人であり、ベトナムで10年以上勤務しているがアパートを貸借しかない。このため、ベトナムで家を変えるのを本当に期待している。

 

経済専門家、Ho BaTinhさまによりますと外国人が家を買える良い条件を作り出すのは国際統合時に必須傾向であると述べる。また、これによりベトナムの国際統合道がより安易になり、特に近い将来で商業プログラムに加盟するのに必要な要素であると分かった。Tinh様も外国人がベトナム不動産市場を独占のがありえないことと確信する。

 

Tư Hoàng - Mnh Tùng (TBKTSG)